New3DSLLを買った。

3DS版スマブラを買ったけどその1ヶ月ほど前に3DSのスライドパッドのゴムが取れてしまい、スマッシュ攻撃がやりにくい、復帰とか大切な時に限ってゴムが取れて大変なことになる等々とっても不便でした。New3DSの評判もだいぶ良さそうだったので勢いで買ってしまいました。

せっかく買い換えるならとLLにサイズアップ。色はとってもキレイなメタリックブルーです。19日に購入しましたが、MicroSDがなかったのでとりあえずデータの引越し作業だけを終わらせて、月曜の仕事終わりにアキバへ行って購入。New3DS効果なのか人気のあるメーカーの32GBがけっこう売り切れていました。しかたがないので東芝の16GBを購入。容量もまだ5GBしか埋まってないし品質を選びました。

さぁあとはSDカードの移し替えだけだぞ〜と思ったらPCがカードをなぜか認識しない。何度再起動してもフリーズしてしまう…しかたがないのでコピー元のSDはデジカメに、MicroSDはスマホに挿してPCに接続したらなんとか認識してくれたので移し替えることができました。いざ起動!それぞれカードリーダーに挿さなかったので少し不安でしたがきちんと引っ越しすることができました。最初認識しなかった時セーブ飛んだと思ったよ…

さっそくHOMEメニューのテーマを「スター ゴールド×ブラック」に変え、最初に起動したゲームはダウンロード専用ソフトのドーパミックスでした。なぜかというと、このドーパミックス、ジャンルは音ゲーで音楽が特にかっこよく(ゲーム性はまぁまぁですが)、音質もいいので旧機種との音質の違いを味わうには一番のソフトであると同時に、音ゲーのクセして3D効果がやたら高く、ぶっ続けでプレイ後、Terafyが唯一3D効果で目がクラクラしたゲームなのです。

画面大きくなって没入感ハンパないですね。ブレ補正もいい感じ。前3DSとの違いが明らかにわかります。言葉では伝えるのはなかなか難しいんですけどね。前3DSだとすぐぶれるのでできませんが、角度変えたり動かしたりすると車窓で言う「手前は動くけど奥の景色はあまり動かない」みたいなのが味わえます。なので画面の奥に空間がある感は明らかに増したように思えます。畳を開けると別空間だったみたいな(のび太の宇宙開拓史)

スピーカーも良くなってる気がします。また、イヤホン接続時の音質も上がったように思えます。奥行きが付いたような…そんなカンジ。あくまでもド素人の感想ですケドね。

その後、ひゅ〜ストンやセガ3D復刻プロジェクトのアウトランやゼビウスなど立体感の強いゲームをひととおり遊んで感動したあと、PiCOPiCTを再ダウンロードして遊び倒したのでした。もはや3D関係ないじゃんって言う。DSiウェアの転送が失敗しちゃったのでセーブデータがおじゃんになってしまったのでまた1からプレイし直しです。このソフトDSi→3DSの時もデータリセットしてしまったので今回3度目です。何度遊んでも楽しいソフトっていいよね。このゲームはLLだとちょっと大きいかなって気がしますが。

New3DSは間違いなくいい買い物をしたと思います。あ、スマブラも初代3DSではちまちましていまいち何やってるのか把握できないところもありましたが画面が大きくなってすごく遊びやすくなりましたよ。
ドーパミックスのサントラ、ゲーム発売時にサントラ出すとか言ってずっと音沙汰がありませんでしたがいつの間にかに出てたんですね。なんか妙にこのゲームの音楽には惹かれたので買おうと思います。

コメント