スポンサーリンク

1インチセンサーカメラの実力。

カメラにそこまで詳しくないTerafy、なんとなく写真がキレイに見えたのでコンデジの中ではハイスペックなカメラを選んだわけだけど、本当にキレイな写真が撮れるのだろうか。

買ってから思ったのですが、カメラについている液晶の解像度も上がってるわけでそれでキレイに見えてるだけなんじゃ…と不安になったりもしました。

それなら同じ被写体を撮って違いを見てみようということで駅の壁を撮ったものを大体同じサイズに縮小し、JPG圧縮率も大体同じにして比較してみました。撮影日は数年の差がありますが。

左:TZ30 右:TX2
明るさはともかくとして、細かいところのディテールがめっちゃ出てる!パネルの縦の線とかがきちんと出てコンクリートが生々しくなった感じ!

左:TZ30 右:TX2
こちらの写真も縦線の窪みがより深く、下の支柱もよりくっきりと出ています。立体的になったというのはこういうことなんだな、というのがよくわかる写真だなと。PS3からPS4くらいに画質アップしたような感じですかね。PS4持ってないけど。

最近のスマホもキレイに撮れるってことで比較用に一緒に撮っておけばよかったな。スマホでもそんなに変わんないじゃんなんてなったらショックだけどw

結論)新しく買い換えた意味はあった!1インチセンサーと6年の年月は伊達じゃない!ここまで写りが変わるなら駅の壁、もう一度全駅取りに行きたくなっちゃうなぁ…縦横比も変わっちゃったし。

1インチセンサーでこんなに違うならフルサイズとかどんだけ変わってくるんだ!?沼にはまっていきそうな気もしないですが、やっぱりカメラは日常気軽に持ち歩けるサイズがいいな。

コメント