RPGツクールMVを買った話。

ブログでRPGツクールの話はいいやと思ってましたが、ポッドキャストでツクールの話もしたので今更ながら記事にしてみます。

去年の12月、4年ぶり?の新作RPGツクールMVが発売されてTerafyも気になってはいました。ブラウザやスマホでも遊べるとかすげー!デフォルトでサイドビュー戦闘ついてるのすげー!ちびキャラジェネレーターいい感じ!とか。でもさすがにRPGツクールにそんなに時間が割けなくなってしまった現在、(実売額)1万円は出すのキツイな〜と思っていました。

Twitterで公式アカウントをフォローしたり情報を流し見たりしつつも買う気は無かったのですが、8月下旬、まさかの定価から1万円引きの2960円(つくろう円なんだって)のセールとか目を疑うような情報。そらもうちょこっと触るだけでいいやってつもりで衝動買いしました。

ちなみにまったく話はそれますが、家に全然触った記憶のないRPGツクールVXがありました。昔はちょこっとすら触ってないのをおそらく発売日に買ってたんだね…XPまでは毎回買ってた記憶あるんですけどね。

そしてかねてからツクールで作ってみたかったのをサクッと作ってみたのです。それがこちら。


地下鉄が走るRPG!制作段階に分けて2回アップしたのですが、今まで駅壁やico電でほとんど反応がなかったTwitterに来るわ来るわのリツイートといいねの嵐。合計で100近いリツイートが!通知の嵐で目が覚めるという貴重な体験をしましたw 公式アカウントがリツイートしてくれたのが大きかったんでしょうけどね。

もうね、この一件でTerafyは価格分の元を取ったと思いました。承認欲求がまぁ〜〜満たされましたよw リツイート後によく「どうやったんだこれ!?」とか書いてあるのを見るとたまらんですねw

ここでちょっと解説すると、地下鉄車両は巨大なキャラチップで表現しており、イベントの移動指定で動かしているという一見凄そうに見えるけどデフォルトの機能を使った簡単な作りだったりします。
MV_train.png
MV_move.png
この動画完成までにタイトルや大まかなストーリーなんかが決まったものの、ここまでは駅の壁を作る際に作ったもののほぼ流用で車両、階段、柱くらいしかほぼ新規で作っていなく、この続きを作るとなると車両内部や通路の壁、ベンチや改札機などほぼ全ての画像素材を自作せねばならず、中身も実際に電車で移動するシステムとかやり方は見えてるけど時間かかりそうだし、そもそも『電車を待つ』ということがRPGではストレス、向いてないシステムなんだよなぁ〜とかしおしおとツクール熱も冷め気味になっていったのでした。

そんな時にポッドキャストの収録になり、ゲスト出演ということでTerafyの一番思い入れのあるゲームとしてRPGツクールの話をして「作る時間ないよ〜!」なんて言ってたわけですが、聴いてくれた方が結構ツクール話に興味を持っていただきツクール熱に火をつけた模様で、盛り上がってるのを見てTerafyも再びツクール熱がオーバーヒートしている次第です。RPGツクール話、次回に続きます。

コメント