禁煙1年して思うこと。

久々の鉄道関連以外の日記。なんか無駄に長くなってしまう。

ちょうど一年前、ぜんそくでまさかの入院してしまい、1週間くらい煙草を吸わなかったのでせっかくだからと言うことで始めた禁煙。禁煙のための薬だとかガムだとかは一切使わなかったけど思いのほかうまくいき、まさかの1年続いちゃいました。ちなみに禁煙するまでは1日15本くらい吸ってました。
kinnen.png
とまぁ、完全に禁煙したわけではないんですけどね。2、3週間に1回くらい実家に帰ることがあるのですが、その日は親父の煙草を数本いただいちゃってます。だけど自分では一切買ってないし、何より日常の中で「吸いたい!」って思う禁断症状というか中毒症状がほぼ出なくなったので一応禁煙成功と思ってます。たま〜にタバコ吸って普段は吸わない、一番理想的な状態になれたと思っています。下手すればすぐ戻りそうではありますがこれくらいに考えてた方が気楽にタバコ辞められるってもんです。

禁煙開始から1ヶ月はやはりキツかった。禁煙って何が大変って今まで何年も飯のあとの一服!だとか風呂のあとの一服!だとか仕事一息ついたから一服!だとかそれはもう生活に根付いてルーティン化されてるわけで。それを急に止めなきゃいけないんだからキツい。これ習慣依存っていうみたいですね。ニコチン依存症がどうのよりも口元が寂しい、だとかいつもそれが自然だったということができない手持ちぶたさ感だとかと闘わなければいけない。

そして禁煙開始してから6ヶ月が経ちました。1本たりとも吸いませんでしたとも。6ヶ月経つともう習慣依存からは完全に解き放たれていました。しかしこの時期から6ヶ月後、そう年末です。忘年会で友達から「1本くらいいいじゃん」のよくある悪魔の誘いですよ。ここで吸わなければ完全禁煙してたんでしょうね〜。お酒飲んでるし吸ってみよって事で吸っちゃいました。しかし次の日以降またタバコが吸いたいなって思うことが思わなかったのでよし!もうこれで大丈夫だ!と確信しました。

じゃあなんでタバコ完全禁煙できてないのかって言うとなぜか紆余曲折あって(?)実家帰った時と地元の友達と麻雀やってる時だけは習慣依存が復活しちゃったってことなんだと思う。実家帰ったときだけはタバコ吸いたいな〜って思っちゃうんですよねぇ。結局自分からの「一本ちょうだい」はダメなんだよね。ま、禁煙の動機が健康よりも金銭的負担を軽くしたいって気持ちで始めたからこれくらいはいいんじゃないかな〜と思ってます(入院したくせに)。

健康方面でもたしかに改善されたことはたくさんある。思えばお腹弱いのもこの一年だいぶ減った気がするし、今まで季節の変わり目は多少軽いぜんそくの発作が出ていたけどそれもなくなった。地元のある喫煙者が「タバコ吸うようになってからぜんそくの発作が無くなった」と言っていたけど(俺も同じ事言ってたけど)、禁煙してわかった。タバコ吸わなければぜんそくの発作はもっと無くなると!とりあえず完全な禁煙に戻れるかはわからないけど今のままで続けてみようと思います。二日連続で吸ったら危ないと思うのでそこは気をつけてます。完全な喫煙者には戻らないように。

話は全く変わりますが、冒頭の「人間だもの」風の文字、これはAdobeのアクロバットXを登録したら特典としてもらった「かづらき」フォント。見ての通り文字を打つだけでオシャレになってすごく気に入った書体なんだけど、収録漢字が物足りなかったり使いどころがなかなかないので今回使ってみました。+5000円で更に350文字くらい収録文字が増えたフォントが買えるけどそれに5000円払うのもちょっとなぁってカンジ。なにより自分の名前が収録されてないのがとっても残念…

コメント